IPモニターソリューションでサポートします
暮らしのさまざまなシーンに、監視・防犯カメラが加速して普及しています。施設内に複数台設置する必要があるために、昨今の監視・防犯カメラは、映像を同軸ケーブルで伝送するアナログカメラに代わって、取回しがよく、伝送効率がよいLANケーブルで伝送するIPカメラ(ネットワークカメラ)へと移行しつつあります。

 

EIZOの監視・セキュリティ向けIPソリューション

 
課題

IPカメラは、映像をエンコード(圧縮)して伝送しており、これを表示するためには、デコード(解凍)が必要で、PCや周辺機器を用いて行います。映像をモニターに表示するまでに複数の機器を接続することになるため、システム構成が複雑化し、設置時のセットアップに手間がかかり、接続ケーブルが煩雑になっていました。


解決


EIZOは、IPカメラにLANケーブル・ハブを介して直接接続し、映像をリアルタイムにデコード表示できる機能を備えた「IPモニター」「IPデコーディングボックス」を提案しています。
・PCを必要としないため、セットアップが簡単
・ケーブルマネージメントが容易で、設置自由度が高い
・PCを必要としないため、機器管理・情報保全の観点からの煩わしさがない

EIZOの監視・セキュリティ向けIPソリューション

 

IPカメラ映像をリアルタイムに
32台まで同時表示

LANケーブル・ハブを介してIPカメラを直接接続し、最大32台までのIPカメラ映像をリアルタイムに同時表示できます。また、IPカメラのパン、チルト、ズームなどの操作は、IPモニター / IPデコーディングボックスからリモコンを使って実施できるため、各カメラを設置した場所へ出向く必要がありません。
※機種によっては最大16台まで

リアルタイム監視に最適なIPモニターを用意


豊富なラインナップ

IPモニターは、用途や設置場所に合わせて23型・27型・46型からお選びいただけます。また、第2世代ハードウェアを搭載した27型IPモニター「FDF2711W-IP」とIPデコーディングボックス「DX0211-IP」は、4Kカメラ入力への対応や、登録・同時表示カメラ台数の増加、H.265への対応など、先進の機能を備えています。

  IPデコーディング
ボックス
27型IPモニター 46型IPモニター 23型IPモニター
DX0211-IP FDF2711W-IP FDF4627W-IP FDF2304W-IP
第2世代ハードウェア 第1世代ハードウェア
モニター
サイズ・
表示解像度
モニターサイズ
制限なし・最大4K UHD(3840×2160)
27型フルHD 46型フルHD 23型フルHD
対応カメラ
解像度
(最大)
4K UHD(3840×2160) フルHD(1920×1080)
同時表示できる
カメラ数
32台 16台
登録できる
カメラ数
48台 16台
マルチモニター表示 ○(拡張・複製) ×
対応圧縮形式 H.265(Panasonic社IPカメラ)
H.264、MJPEG(ONVIFプロトコル)
H.264、MJPEG(ONVIFプロトコル)
イベント通知
機能搭載
×
通信方式 HTTPS(Panasonic、AXISプロトコル)、HTTP(ONVIFプロトコル) HTTP
壁掛け設置 VESA 100×100 mm
対応
アクセサリの専用金具
(VOP-01)でモニター背面に収納可能
VESA 100×100 mm対応 VESA 400×200 mm対応 VESA 100×100 mm対応

 

モニターサイズを選ばない
ボックス形状の製品も用意

大型から小型までさまざまなサイズのモニターにデコード表示したいとのニーズに応え、IPモニターの機能をボックスに集約させた「IPデコーディングボックス」も用意。LANケーブルで伝送された映像をHDMIを介して、モニターに表示します。モニターサイズを選ばず、4Kモニター表示にも対応。HDMI出力端子は2系統装備し、マルチモニター表示にも対応します。

DX0211-IP

 

他のネットワーク機器とも連動できる

IPモニター / IPデコーディングボックスを使って各デバイスを組み合わせたシステムの構築が可能です。

■イベント通知機能
ネットワーク経由でカメラからアラートが通知された場合に、接続したモニターの画面表示を変化させ、さらに他のネットワーク機器のHTTPコマンドを実行することが可能です。
・第2世代ハードウェア(DX0211-IP、FDF2711W-IP)に限る
・機能を利用するには、モニターを制御するAPIが必要です。


イベント通知機能


パトライト社の警告表示灯「パトライト」は、イベント通知機能に対応しています。
パトライト社Webサイト

PATLITE


■VMS連携機能
PCを接続し、VMS(ビデオマネジメント・システム)と連携することで、特定の動作に対して、画面構成変更、電源オンなどのモニターの制御が自動で行われるように設定できます。

VMS連携機能

EIZOは監視・セキュリティ市場を牽引するVMSメーカーと協力し、VMS連携を実現しています。
・連携には、モニターを制御するAPIが必要です。
VMメーカー
・パナソニック ネットソリューションズ株式会社のVMS「ArgosView」についてはこちら


■EIZOのIPモニターによる先進的な監視ソリューション

 

監視室でのビューア用途も、トータルサポート

IPソリューションのみならず、EIZOは、監視映像を確認するためのレコーダーとの接続に適したHDMI搭載のフルHD対応モニターや、パソコンやアナログカメラなどの既存のセキュリティ機器との接続に適したBNC端子搭載のモニターなど、ユーザーの監視・セキュリティシステムに合わせた表示環境を幅広く提案できます。
監視室でのビューア用途も、トータルサポート

 

お気軽にお問合せください

ご購入に関するお問合せ


SECURITY SHOW 2020
SECURITY SHOW 2020(2020年3/3~3/6)に出展し、新製品DuraVision DX0211-IPFDF2711W-IPを使った
ソリューション提案を行います。

 

Product Finder

ソリューション
セキュリティ
スペック
パネルサイズ
解像度
入力端子
リセット

対象製品